インターネットのことをよく知らない人が、インターネットのプロバイダーと契約をする時、どこに気を付ければいいのか、それをこれからご紹介いたします。

 

ネット初心者がネット回線を契約する際に気をつけるべきこと、それは「光回線を契約しない」ということです。
なぜ光回線を契約してはいけないのか、その理由は単純です。
それは、光回線が他の回線に比べて料金が高いからです。

 

もちろん、光回線は料金が高い分高速でネット接続が出来るのですが、ネット初心者の場合、そこまでネットの接続速度にこだわる必要がありません。
ネットの接続速度が早ければ早いほど、大量に動画をダウンロードしたり、快適に映像を見たりすることができますが、ネット初心者の場合、大量に動画をダウンロードしたり、次から次へと映像を見ることがほとんどありません。

 

そういったことをしないのなら、高くて早い光回線を選ぶ必要はありません。

 

安く使えるADSL回線で十分です。
なのでネット初心者の場合、光回線を選ばないほうがよいでしょう。

 

他にも、回線を契約する時にネット初心者が気をつけるべき点があります。
それは、プロバイダーのサポート態勢です。
このサポート態勢が悪いと、ネットの回線がなぜか繋がらないので問い合わせの電話をかけたけどサポートの電話にさっぱり繋がらない、ということになりかねません。

 

ネット上級者ならサポートが無くてもなんとかなりますが、初心者の場合はそうもいきません。
なので、ネット初心者が回線を契約する場合、その回線を提供するプロバイダのサポート態勢をよく見ておく必要があります。

 

光回線を契約しないことと、プロバイダのサポート態勢をよく見ること、それが、ネット初心者が回線を契約する時に気をつけるべき点なのです。